高圧洗浄機 選び方

使っているときの音の大きさは意外に気になるものです

高圧洗浄機を選ぶときに、音の大きさで選ぶというのも一つの方法です。

 

もともとが業務用のものだけに、はっきり言ってうるさい!!と思う人も多いと思います。

 

その為、最近では静音の機種のものが販売開始されており、近隣にも迷惑がかからないように配慮されてきています。この静音性について配慮してくれている点はかなり重要で、音の大きさを実際に聞いてみると1/2ぐらいなのでは?というぐらい差があります。

 

近隣にも音は聞こえることのなりますし、掃除機に比べるとかなり音がしますので、掃除機と同じ感覚で考えて購入しない方が良さそうですよ。

 

 

静音性で選んだランキング

静音性という観点を最優先のポイントと考えたときに、その他のコストパフォーマンスや機能、使いやすさを比較して個人的ベスト3を選んでみました。購入の時に参考にしてみてくださいね。

 

ケルヒャー K4.900サイレント

高圧洗浄機とは思えないほど音が静かなサイレントタイプ。静音性を特徴として販売しているだけあって、かなり音が静かです。水冷式モーターというモーターを採用しているので、他の機種と比べても50%ぐらい低減されています。
少し高めですが、使い勝手や水圧も申し分なしの機種です。ヒダカのHK-1890と比べてもかなり静かですよ。

ヒダカ HK-1890

ケルヒャーのサイレントタイプには劣りますが、コストパフォーマンスの良さと使い勝手の良さとのバランスが良いためランクイン!!
インダクションモーター採用のため、音が静かで他の高圧洗浄機と比較しても同性能のものの中では一番安価です。ただし、ケルヒャーのサイレントタイプには負けます。

ケルヒャー K2.900 サイレント

ケルヒャーのK2.900サイレントが3位にランクイン。
ケルヒャーのサイレントタイプの中では一番安価で、水冷式モーターを採用しているため非常に静かです。
ケルヒャーの静音性をうたっている機種の中では一番安価なのもポイント。ヒダカのHK-1890と1,000円から2,000円程度しか変わりません。ヒダカショップならただいま、限定価格で販売中です。

関連ページ

選ぶ時に知っておきたい事
高圧洗浄機を選ぶ時に知っておきたい事をまとめています。ケルヒャーやヒダカのそれぞれの高圧洗浄機には特徴がありますので知っておきましょう。
ヒダカとケルヒャーはどちら?
高圧洗浄機の選び方について紹介しています。ヒダカとケルヒャーについてどちらが良いか比較して紹介しています。
汚れの落ちやすさで選ぶ
高圧洗浄機を汚れの落ちやすさで選ぶ場合は、やはり水圧が強いものを選ぶのがオススメです。汚れの落ちやすさ=水圧の強さという観点で紹介しています。
価格の安さで選ぶなら
高圧洗浄機を価格の安さで選ぶ場合はコチラ。ヒダカのHK-1890はかなりコストパフォーマンスがいいですが、それ以外にも安さだけなら負けないものもあります。

トップページ ヒダカの高圧洗浄機 高圧洗浄機の選び方 高圧洗浄機あれこれ